最強ハーブを100%吸収!

『ハーブパウダー』入荷しました!ビタミンCの爆弾と称される“ローズヒップ”と、クエン酸のかたまり“ハイビスカス”を丸ごとパウダーにしたナチュラルサプリ!

リーフティーの場合、吸収される栄養素は15%ほどと言われていますが、パウダーをお湯で溶いて飲んでいただけば栄養素は100%丸ごと吸収されます!

お湯に溶くだけでも美味しく飲めますが、『耕野のはちみつ』『マヌカハニー』を少し加えれば口当たりもパワーも倍増!

岩手県産の『桑茶』に続き、パウダー効果はいかに?

ローズヒップのビタミンCは熱に強く、お料理にもお使いください!

試飲ご希望の方、お気軽にお声をおかけください。

 

自然栽培の“新米”が届きました!

今年も上野長一さんから“コシヒカリ”が届きました。上野さんは栃木で、30年近く前から無農薬で稲を育てることに取り組んでいる農家さん。

お客さまには『いろいろ米の上野さん』として有名ですが、実は毎月10日過ぎに無農薬のコシヒカリ(玄米・白米)も届けてもらっています。

新米はすでにあちこちに出回っていますが、上野さんの米作りは昔ながらの自然農法。季節のめぐりに合わせてのの農業なので、出荷がいつもこの時期になります。

このところの異常気象、日照不足も気になりましたが、今年も香りのいい、いつもの“もっちり”した食感の『上野米』です。只今、新米で作った小さなおにぎりをお味見していただいています。

今日は毎年3月の東北の市で好評だった福島二本松からの『炊き込みご飯の素』で作ってみました。どうぞ、味わってください!

 

手織物展 始まりました!

“すばる”さんの手織物の展示会が始まりました。

今年はこれまでになく渋い色合い。早速、新色・新柄のマフラーのお求めがありました。(実は私用に予約済みのシールを貼っておきたかった品・・・)展示品は一点ものばかりです。どうぞお早目に!

 

すばる手織りもの展 “交流会”

10月17日(土)14:00~

13回目を数える『すばる手織りもの展』は秋の人気の展示会です。

たくさんのお客さまのご愛顧と応援のおかげで回を重ねています。主催のすばる(社会福祉法人リブリー)さんで、織りを担当する職員の方々からのご提案もあり、「交流会」を開くことになりました。

織りのこと、染めのこと、施設のこと、作品に囲まれておしゃべりに来てください!

すばるさん縁のミュージシャンのパフォーマンスも予定しています。

楽しいおしゃべりと素敵な音楽をご一緒に!

会費:500円(飲み物付)

<ミュージシャンご紹介>

髭SOUL:国内外で変幻自在のパフォーマンスを繰り広げるソウルシンガー 劇中音楽や楽曲提供など幅広く活躍中

Inatsugi Takuji: ベース・パーカッション レゲエ・ヒップホップを中心に多数のミュージシャンと共演

 

 

おりがみcafe vol.33

日時:10月5日(月)10:30~12:00

参加費:1000円(材料費・折図付)

龍を折ります。鶴が折れれば折れます!と言う先生の言葉を信じて皆さんご一緒に挑戦しませんか?おしゃべりしながら、頭と指をフル回転!

 

 

山梨から『桃』が届きました!

昨年、今年と猛暑の後の大雨・大風・台風で北関東の果樹園の被害も相当なものだったそうですが、『桃』の加工品が本日届きました!旬の味を食べそびれた方も是非、味わってください!

『白桃シロップ漬け』は大きな大きなデンッとした瓶です。大ぶりの白桃が3個ほど入っています。たくさんのご予約をいただき、急遽、生産者の小川さんに無理を言って、少しだけ入荷量を増やしてもらいましたが・・・すでに、残り3個ほどになりました。

『もものじゅーす』は正真正銘の桃100%のストレートジュースです。甘味料など加えず、桃の風味そのまま!

ジャムは『白桃』『すもも』『黄桃』の3種。果物と砂糖だけで炊き上げたまさしくママのジャムです。試食もございますので是非お味見ください。

 

ブラックオリーブ入荷!

入荷待ちでお待たせしていたギリシャ産のオリーブの実『ブラック』が届きました。『グリーンオリーブ』は11月中旬になりそうです。

オリーブの名産地、ハルキディキ(Halkidiki)地方産のオリーブの中でも、最も大きいSS マンモス サイズのみ厳選して、低塩で仕上げて瓶詰した品。真っ黒で何も見えませんが・・・プラムを思わせる大きなオリーブの実です。種は抜いてあります。

ブラックオリーブに使われている、グルコ酸鉄は必須微量元素の1つで、通常は鉄分と呼ばれています。オリーブには黒味を出す働きをします。そして、もちろん鉄分不足にも効果があり!

オリーブ本来の旨味を楽しんでいただくにはおつまみとしてそのままで。スライスしてサラダに混ぜても、魚介料理の煮込みなどにも相性抜群です。ピザトーストにスライスをトッピングするだけでリッチな気分に!

マヌカハニー入荷!

ニュージーランドのマヌカハニーが届きました。

「マヌカ」はニュージーランドの原住民マオリ族の言葉で、「マヌカ」という花の名前を指します。和名は「御柳梅」。英名は「tea tree」と言い、フトモモ科に属する常緑低木です。

入荷したマヌカハニーはニュージーランド北島で、1947年から3世代続く養蜂場『モソップ』の製品です。

今回は「5+」と「15+」の格付けのマヌカハニーをご案内します。この2つの違いは抗菌力をもたらす主な物質とされるメチルグリオキサール(MG)の含有量の違いです。MGは天然の物質で季節によって含有量にばらつきがあります。

「5+」とは消毒液のフェノール液5%希釈と同じ殺菌効果があることを表しています。「5+」と「15+」の味わいは全く違います。消毒液の匂いはしませんのでご安心ください!

右が「15+」 左が「5+」です。遮光PET容器で色の違いも分からず、見た目は同じです。数字が違うだけ!おおらかなニュージーランドの養蜂業者さんからです。

ご存知の方も多いと思いますが、マヌカには様々な格付けがなされています。驚いたことに今までは統一見解はなく、最近になってニュージーランド政府としてマヌカハニーの定義を明確にし、2016年1月以降に輸出されるマヌカについて国としての規制が行われるそうです。

業界団体などが様々につけている格付けは根拠のないものではないでしょうが、統一されることは販売する側としても、お求めいただくお客さまにとってもうれしいことです。そして、アクトが仕入れている(株)JICは、ニュージーランドの養蜂業者から直接輸入し、しかも格付けの根拠となる数字を公表している業者に限定しています。今後、統一した定義が確立されましたら、改めてご案内したいと思います。