beansact のすべての投稿

『丹波黒の煮豆』届きました!

豆は豆でも、丹波の『黒大豆の煮豆』が篠山の小田垣商店さんから届きました。

黒豆は元来「マメに達者で」という縁起ものとして、お正月に欠かせない逸品として親しまれています。

私の実家では、お醤油多めで黒豆がシワシワになるまで煮詰めるのですが、小田垣さんの煮豆はプックリ・ツヤツヤの大きな大きなお豆です。上品な甘さが後を引く美味しさです。初めて食した時はその違いにビックリしました。これがホントの黒豆なんだ・・・と。

『丹波黒』の生豆は収穫が終わった頃でしょうか。乾燥させ、手選別した新豆は12月中旬に届く予定です。

丹波黒の『黒豆茶』入荷!

丹波篠山の『黒豆茶』が届きました。

ティーバッグですが、その香りとコクは多くのお客さまからご好評を頂いています。原材料は丹波篠山産の黒大豆だけ!篠山の老舗、小田垣商店さんからです。

お湯に浸すだけですが、フタをしてしばらく蒸らすと更に風味が増します。お試しください!

年末には今年も小田垣さんから新豆の『丹波黒』も届く予定です。

2023年版珈琲Passportプレゼント

12月中に珈琲豆をお求め下さったお客さまへ、来年一年間ご利用いただける『Coffee Passport』をプレゼントします。

『Coffee Passport』は月に一度、お好きな珈琲豆を一割増量でお求めいただける券です。

特典は本券をご精算の前に提示された方に限ります。他のサービスとの併用はご容赦ください。また、紛失された場合の再発行はございませんのであらかじめご了承ください。

2022年版を毎月ご利用下さったお客さまにはプレゼントをご用意しています。12月に珈琲豆をお求めの時にお渡しします。お楽しみに。

また、スタンプが後1~2個のお客さまは、12月中に何度か珈琲豆をお求めいただけましたら、増量特典はございませんが押印いたします。プレゼントを是非GETしてください。

 

クリスタル ブレンド

年内最後の一割増量の豆は、キューバの銘品“クリスタルマウンテン”がベースの贅沢なブレンドをご案内します。

10数年前のこと、お客さまから「ブレンドやわらかよりも、もっとやさしい、でもコクのあるブレンドが欲しいな・・・」と言う一言から模索が始まり誕生したブレンドです。

何かと気ぜわしい師走に、透明感のあるやさしい風味でほっと一息ついてください。

12月中は1割増量でご提供!

 

 

 

モカ ハラズ~イエメン~

年内最後の“お薦め豆”は今年の一番人気の珈琲豆をご案内します。

今年入荷したクロップは前回よりも柑橘系の明るい酸味に、乳酸系の丸さと甘味が加わった印象です。

イエメンは中東で唯一のコーヒー生産国で、15世紀後半にエチオピアからコーヒーが初めて移植されました。そして、アラビア半島の最南端に位置するイエメンは、世界で初めてコーヒー豆を商業目的で輸出した国でもあります。

その港が「モカ港」です。港からは多くのイエメン産とエチオピア産の良質なコーヒー豆が、主にヨーロッパに向けて輸出されました。そのことから、イエメン産とエチオピア産の珈琲豆は、総称して「モカ」と呼ばれるようになったそうです。

ご案内の『モカ ハラズ』はイエメン北西の高地に位置し、標高は最高2400mと高く、寒冷なハラズ地区で栽培されています。ナチュラル製法で仕上げられていますが、とても明るい酸味を感じていただける珈琲です。何といっても挽いているときの香りが秀逸です。

12月、何かと気ぜわしい日々ですが、至福の一杯で一息ついてください。

北海道大樹町から“白いサラミ”

熟成庫の中の白いサラミ

今年のサラミはまだ熟成中です 。入荷は12月7日頃?

画像はホエー豚100%を原材料に加工したサラミに、フランス直送の白カビを付けて熟成中の画像です。

真空パックされた白いサラミ

生産者の“源ファーム”さんをご紹介したのは、15年以上前のこと。その後、毎年12月に店の冷蔵庫に密やかに入っていますが、『白いサラミ』を目的に遠方から来店される方もある、Actの“隠れたお取り寄せメニュー”のひとつです。

ホエー豚とは・・チーズを作る際に固形物と分離された副産物が「チーズホエー」 。ホエーはヨーグルトなどで見られる透明な上澄液(乳清)と同じようなもので、ミネラルやビタミン、生きた乳酸菌などがたっぷり含まれています。源ファームさんでは、この栄養豊富な「ホエー」を与え飼育した、ケンボロー種の最上級豚肉のみを販売・加工しています。

ケンボロー種とは・・原産国はイギリス。日本には6%ほどしかいない希少種。低カロリー、高タンパクで、くせの無いヘルシーな世界ブランドの豚です。

源ファームの大美浪源さんとの出会いは20年程前。当時はチーズを製造するときにでる廃棄物として処理されるホエーを養豚に役立てることができないか、帯広畜産大学との共同で試行錯誤されているときでした。

栄養豊富なホエーを廃棄するのはもったいないだけでなく、栄養があり過ぎて(?)土壌を汚染することにもなるとその時に聞いてびっくりした記憶があります。過ぎたるは・・・ですね。

源さんは当時、チーズ工房に定期的にホエーを受け取りに出向き、量を調整しながら豚ちゃんに飼料として与えていました。どれくらいの量を与えれば、肉質にどんな変化があるか・・など大学の研究に協力されていました。出会いから1年ほど後に商品化され、それ以来のお付き合いです。

丹波黒の”スイーツ”4種

丹波篠山の老舗「小田垣商店」さんからの丹波黒のスイーツが、先ほど届きました!

数年前、「やわらかしぼり豆」をご案内しましたが、装いも新た3種類のスイーツが登場!パッケージも渋めで中身だけでなく外身も高級感タップリ!

右から、やさしい甘さの「やわらかしぼり豆」、中央が濃厚な抹茶と黒豆のしぼり豆のコラボ「抹茶しぼり」、左が黒豆の煎り豆に黒豆きな粉を練り込み、ホワイトチョコレートでやさしく包み込んだ「黒豆ショコラ」、どれからお試しくださいますか?ちょっとした手土産にもお薦めです!

 

うす塩味の落花生

冬の定番品『ピーナッツペースト』の生産者、千葉の宮野ピーナッツさんから「うす塩味」の渋皮付き『落花生』の新豆が先ほど届きました。

渋皮付きでポリフェノールもたっぷりです。

それなら渋皮付きの落花生を練っただけの「ピーナッツペースト」をなめればいいのでは?という方もありそうですが!ポリっとした触感と独特の香り、そして何より噛めば噛むほどに甘みを増す味わい!これは落花生でなければ味わえません。珈琲との相性も抜群です。

この時期だけの美味しいです。味わってください!

クリスマスフェアvol.23 始まりました!

今年もAct恒例のクリスマスフェアが始まりました!

今年は30を超える個人と団体のお客さま、福祉施設の皆さんの手づくりの品々で、豆屋の店奥“すぺーす”はクリスマスモード満載です!

長らく会えなかったお友だちやご家族への小さなプレゼントを探しに来てください!もちろんご自身へのご褒美も!

マスク生活の息苦しさは継続中ですが、温かな手づくり品でほっこりしてください。

そして、引き続き、店の出入り口は開放状態なのでちょっと寒いです。ご容赦ください!出入口と”すぺーす”入口にアルコールをご用意しています。手指消毒も引き続きよろしくお願いします。

皆さまのお越しをお待ちいたしております。