beansact のすべての投稿

ママ工房『白桃シロップ漬け』

フルーツ王国山梨の一宮から『白桃シロップ漬け』をご案内。豪雨に台風にと天気に翻弄された山梨ですが、生産者さんの頑張りで今年もお届けできます。

市場に桃が出回り始めた途端に「今年もシロップ漬けよろしくね」とお客さまからご注文をいただきます。「生の桃は当たり外れが大きいけれど、コレは絶対に大丈夫だから!」と仰っていました。

確かに「まるで今皮を剥いたかのような果肉の歯ごたえ」は絶品です。

原材料は白桃と砂糖だけと言うシンプルさ!歯応えのある“適熟”と、樹上で熟した“完熟”の2種類があります。

ママ工房 代表の小川さんです

尚、無添加なのでシロップは捨てずにミルクで割ったり、ゼリーをつくる時の甘味でお使いください!甘さはとても控えめなのでそのまま飲んでいただいても平気です。

ご予約はお早目に!

入荷は9月22日(金)予定

 

アジアの布と女性の手仕事展 開催!

本日から『アジアの布と女性の手仕事展』スタートしました。

パイナップルの葉から生まれた布(ピーニャ)や、麻の一種のアバカから生まれた布(ティナラック)、手描きのバティックの布など、貴重な布とその布を利用してつくられたバッグや雑貨の数々が並びました。

展示している最中から関心のあるお客さまが続々。写真のピーニャの布や、藍染めの布はすでにお客さまのお手元に・・・・どうぞお早めにご覧ください!

夏休みのお知らせ

8月、お盆休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

休業日:8月11日(金)~8月15日(火)

尚、8月16日(水)は11時からの営業ですが、珈琲豆の入荷は昼前後となります。

マンデリン リントン~インドネシア~

インドネシアは(緑色)大小の島々から成り立っています。左の大きな島がスマトラ島 です。 島の北側がアチェ州で内陸部にトバ湖があります

『マンデリン』の歴史は古く、インドネシアに珈琲豆が伝わった17世紀のこと。インド経由でアラビカ種がジャワ島に植樹されました。

その後、オランダに大きな富をもたらしましたが、20世紀初めコーヒー栽培にとって大敵とされる「さび病」が大流行し、アラビカ種がほとんど途絶えてしまいました。

以降は病気に強い品種ロブスタ種(主にインスタントコーヒーなどの原料)へ栽培が移行してしまいました。

トバ湖

ただ、わずかにアラビカ種が生き残ったのがスマトラ島北部の高地でした。同地に住むマンデリン族が中心となって栽培した豆が『マンデリン』です。

今回ご案内の『マンデリン リントン』はスマトラ島北部のリントン・ニ・フタ地区で栽培されたスペシャルティ豆です。ちなみに『マンデリン トバコ』は島にある一番大きな湖、“トバ湖”の周辺で栽培されたスペシャルティ豆です。また定番の『マンデリン』はスマトラ島北部のアチェ州全域で栽培された豆のなかでグーレードがNo.1の豆です。

ルーツは同じでも、その味わいの違いはなかなか興味深いものがあります。是非、この機会に飲み比べをしてみてください!

 

『アジアの布と女性の手仕事展』

会期:8月17日(木)~31日(木)

フィリピン・タイ・インドネシアで古くから受け継がれてきた織物や染物、、それらを使ってつくられた品々が、店奥”すぺーす”に届きます。

パイナップルの葉から繊維を取り出し、糸にして織られたフィリピンの「ピーニャ」はまるで天女がまとう羽衣のような繊細な布。バナナの一種の芭蕉科の木の幹から樹皮を剥がし、細い繊維を糸にして織り上げる「ティナラック」は独特の質感と艶が魅力です。インドネシアのお馴染みの「イカット」や、山岳民族の様々な布。

どの布も母から娘へと受け継がれた伝統的な織物です。その工程は気の遠くなるような時間と手間を費やし仕上がります。熟練した織り手でも1mを織り上げるのに3日を要する布もあるそうです。

素晴らしい織物を高価な伝統工芸品として鑑賞するだけでなく、日常の中で生活を豊かにしてくれる品々を世に送り出そうと、1994年に神戸のフェアートレード団体AWEPさんが活動をスタートしました。

今回はとても貴重な布や民族衣装の展示もあります。どうぞお楽しみに!

ティナラック

ピーニャ

イカット

 

 

 

 

 

夏こそ“ハーブパウダー”

ローズヒップとハイビスカスの栄養素を100%吸収できる『ハーブパウダー』はビタミンCとクエン酸が豊富と言うことで、冬の風邪予防でご案内していましたが・・・夏こそ、ビタミンCでした。疲れをいやしてくれるクエン酸もこの時期には必須栄養素!

水で溶いて(最初は小量の水で練ってください)、アイスハーブティーはいかがですか?

ローズヒップに含まれるビタミンCはレモンの20倍!ハイビスカスには疲れをいやしてくれるクエン酸のほか、新陳代謝に役立つビタミンや、ミネラルがたっぷり含まれています。美味しく飲んで夏バテ解消!

ただ今、試飲中。店では少し甘味をプラスしています。

 

石塚さんの『耕野のはちみつ』

宮城県丸森町で「何も足さず、何も引かず」をポリシーに養蜂を続ける石塚養蜂園から今年も新蜜が届きます。

入荷はハチミツの日=8月3日です。

大瓶1.2Kgはご案内前にご予約を沢山いただき、「あかしあ」は限定数に達してしまいました。 「百花」と「とち」はまだ余裕がございます。

それぞれの特徴は・・・こちらをご覧ください。

尚、中瓶600g・小瓶300gは8月以降、準備ができ次第に順次入荷します。

“アンデス”のアイスコーヒー

今月のお薦めコーヒー『アンデス マウンテン』でアイスコーヒーを淹れてみました。

アンデスは豆本来の旨味を引き立たせるために、ちょっと深めのミディアムローストですが、アイスにしてもいい感じでした。豆のふんわりした甘味と、後口の爽やかな酸味がこの暑さを癒してくれます。

アイスはイタリアンローストでなければいけないなんて、個人的には嘘だと思っています。大好きなキリマンジャロをアイスコーヒーにして飲むのが酷暑の頃の個人的な楽みですが、アンデスマウンテンもありですね。かなり贅沢なメニューですが・・・

喫茶コーナーでご指名いただければお淹れします!

夏のチーズが共働学舎から届きました!

お待たせしました。今年の夏も北海道の共働学舎新得農場から手づくりチーズが届きました。

メインは一年の眠りから覚めた“シントコ”! たくさんのご予約、ありがとうございます。薄くスライスしてお召し上がりいただくと、旨味がより一層引き立ちます。珈琲との相性も抜群ですが、やっぱりビールかな??

店の一番人気の優しい白カビタイプの“コバン”はパンとの相性抜群です。食欲が落ちるこの時期、手軽で美味しい栄養補給にナッツやドライフルーツと合わせて、朝食のお供に!

「春のおとり寄せ」の人気メニュー、チーズ“さくら”の原型になった“プチプレジール”は白カビではなく、酵母で熟成されたチーズです。ホロホロっとした食感と優しい酸味が魅力です。小さく刻んでサラダのトッピングに、ジャムならベリー系のジャムと相性抜群です。

その他、農場自慢のチーズが届いています。どうぞ、お早目に!