beansact のすべての投稿

展示器具オークション スタート!

20周年記念イベントとして『展示器具オークション』を本日からスタートします。

店内に展示している30点ほどの珈琲関連器具のオークションです。スタート価格は、店頭表示の定価の半額からです。一番高値を付けてくださった方にお求めいただきます。

手順は簡単!①番号が付いた器具をまず検分 ②欲しい器具の番号と希望価格を決定 ③エントリーカードに必要事項記入 ④カードをエントリーBOXに投函 ⑤あなたの希望価格より高い人がいないことを祈る!

エントリー受付期間:11/11(月)~12/1(日)

落札者の方へは12/8(日)にメールかお電話でお知らせします。

商品お引取りは12/25(水)までにお願いします。期限までにお引取りが無い場合は次点の方に権利が移行します。

皆さまのご参加、お待ちいたしております!

ありがとうございます!20周年を迎えました

20周年記念品 2020年カレンダー『12の想い』

BEANS’Actは本日、11月11日に20周年を迎えました。皆様のご愛顧と、温かいご支援のお蔭です。ありがとうございます。

20年前、珈琲豆屋をこの地でスタートした頃、ネルやサイフォンで淹れてくれる喫茶店が少なくなるなか、ドトールコーヒーのお店が増え始めた時期でした。それから数年後、シアトル系のスターバックスが都心に林立するようになり、苦くなくては珈琲ではない!と言う時代が長らく続きました。

開店当初からしばらくは、店でもモカ系やキリマンジャロと言った酸味系の珈琲豆は敬遠されがちでした。

そんな時代から、今やカリフォルニア発のブルーボトルが珈琲業界を席巻(している?)し、若い方々からはあえて“酸味”をご指名いただくようになりました。

時代とともに変わる珈琲の嗜好の変化に取り残されないよう、アレコレ試行錯誤してきた20年でしたが、基本は”あなたにとっての美味しい珈琲”をご一緒に探すこと!

BEANS’Actは”成人式”を迎え、改めて創業の頃の想いに立ち返り、気負わず、惑わされずお一人お一人にとっての、その時々の”美味しい”を探求したいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

20周年の記念品として2020年のカレンダーをつくりました。日常に欠かせない珈琲に込めた『12の想い』をお届けします。ご笑納ください。

千葉からピーナッツペースト入荷!

peast[1]千葉半立100%の宮野さんの『ピーナッツペースト』が届きました。

先日の台風19号の被害の爪痕が残るなか収穫と乾燥の作業に追われながら、ピーナッツペーストの加工をしてくださいました。BEANS’Actの秋の逸品です!召し上がってください。

宮野さんのピーナッツペーストは砂糖や甘味料は一切入っていません。100%落花生です。ほんとに甘いです。パンのお供だけでなく、ドレッシングや和え物の調味料としても重宝します。

栄養価が高く敬遠されている方もいらっしゃいますが、落花生は有能食品です!善玉コレステロールの代謝を助けるオレイン酸、糖分や脂肪・アルコールの代謝を助けるナイアシン・脳の活動を活発にする(認知症予防!)レシチンなど有効成分が含まれています。詳しくは全国落花生協会のホームページを参照ください!

レシピもご用意しています。お気軽にお申し出ください。

 

丹波篠山から『黒豆茶』届きました!

急激に秋が深まり、温かいものが恋しい時期になりました。丹波篠山の『黒豆茶』が届きました。

ティーバッグですが、その香りとコクは多くのお客さまから乙三月を頂いています。原材料は丹波篠山産の黒大豆だけ!篠山の老舗、小田垣商店さんからです。

ノンカフェインなので秋の夜長にも心置きなくお楽しみください。

年末には今年も小田垣商店さんから『丹波黒』が届く予定です。

白糠酪恵舎のチーズが届きました!

先ほど、北海道の白糠酪恵舎さんからイタリアチーズ9種が届きました!

今回は“ピンク”のチーズ『ロビオーラ』と、“クリーム”のチーズ『コン バンヴィーノ』の対決でしたが、引き分けに終わりました。たくさんのご予約、ありがとうございました。

ハードタイプのチーズも店頭販売用で届いています。ご一緒にどうぞ!

ビシクレータ~ホンジュラス~

甘い香りとビターなコクが深まる秋にピッタリ?中米ホンジュラスの小さな農園からです。

“クアル ビシクレータ農園”(自転車のような農園)は農園主オマル氏が手塩にかけた農園。2007年頃から有機栽培に取り組み、10年後には品評会“カップ・オブ・エクセレンス”で90点台の高得点で優勝しました。

農場での環境保全にとどまらず、コミュニティの人々と共に植林などによる水源滋養にも積極的に取り組んでいます。

とは言え、有機農法に取り組み始めた当初は生産性も下がり、意気消沈する日々が続いたそうです。その頃、自転車で坂道を上る絵に出合いました。彼は自らの姿をその絵に投影。環境を汚さない自転車をバランスよく操作しながら、常にペダルを踏んで進んで行く!その時から、農園を“クアル ビシクレータ”としたそうです。

小さな農園のこだわりの珈琲豆を味わってください。

 

ぬくもり駄々ism

11月8日(金)~16日(土)

“布の魔術師”駄々ちゃん久々の登場!

着物の染色職人だった駄々ちゃんが「編」「染」「織」「縫」の全てを手掛けて布の可能性を探求して半世紀!今も「色の組み合わせは無限」と楽しげに語る駄々ちゃんは永遠の少年。

忙しなくなる時期ですが、駄々ismに触れて、布の温かさを感じてくださ!

手づくり無添加ドイツソーセージ

この秋も岩手の菊池牧場さんからのソーセージをご案内!

農薬や化学肥料を使わず、いろいろな植物が共生する牧場で、牛を育て、ソーセージを造る菊池さん。

食肉加工も防腐剤や結着剤、着色料など一切使わず造っているので、加工肉ではなく、肉そのものを食べている?そんな気持ちになるソーセージです。

お正月頃まで召し上がっていただけるよう“冷凍”でのご提供です。冷蔵庫での自然解凍なら旨味はそのまま!

菊池さんは2代目当主。中学卒業後、単身ドイツで足かけ3年の修行を経て、“ゲゼル”(熟練工)の資格を取得して帰国し、それから30年。自然と共生しながら牧場を営んでいます。

そんな牧場直送のソーセージ5種類をご案内!入荷は11月20日過ぎです。

シンケンブルスト

アウフシュニット

レバーケーゼ

ビアブルスト

リントビアシンケン