beansact のすべての投稿

フェアートレードチョコ入荷!

お待たせしました。スイスの伝統的な製法~乳化剤を使わず、長時間カカオを練って固める~でつくられた“フェアートレードチョコレート”入荷しました。

スイスの生産者はカカオ農家やサトウキビ農家への有機栽培の指導や、生活改善・品質向上のプロジェクトに取り組み、長期的な関係を築いています。その取り組みの詳細はコチラをご覧ください。

今年は食べきりサイズの“ミニチョコ”も加わりました。

『いろいろ米』入荷しました!

お待たせしました。上野長一さんから『いろいろ米』が届きました。

今年は7月は連日の猛暑、打って変わって8月は曇りや雨が多く晴れ間は数日で、梅雨のような雨が多く、日照時間は平年の2~3割と言う異常気象。生産者さんの上野さん自身「太陽の力をまざまざと知らされました」と仰っています。そんな厳しい天候で収量も少なくなったそうですが、例年通りの美味しいろいろ米が届いきました。今年もどうぞ、召し上がってください!

初めての方は1合に大匙一杯くらいが目安です。水の量は気にされずいつも通りで大丈夫です。香りのいい、うっすらピンク色のモチモチ食感のご飯です。冷めてもモチモチ感がありますので、お弁当にも最適!

クリスマスフェア in Act vol.18

会期:11月23日(木)~12月25日(月)

BEANS’Act恒例の年末行事!

『クリスマスフェア』を今年も開催します。プロ・アマ問わず、今年も30余名の方々の手づくりの品が店奥”すぺーす”を埋め尽くします!

大切な方へ、ご自身へのご褒美に、温かな手づくりに会いに来てください!

写真は昨年のクリスマスの様子です。

 

“マダガスカル”の大人のチョコ 届きました!

お待たせしました!世界のチョコレートのコンテストで数々の賞を受賞した“ショコラマダガスカル”が入荷しました。

今年のラインナップは、カカオ含有率別にズラリと取り揃えました。原材料がカカオのみと言う100%の超ダークから、34%のホワイトチョコレートまで6種類です。

ハイカカオの人気は今年も健在のようです。便秘解消や高血圧、はては認知症予防にまでいいとされているようですが、その最大の根拠は、原料のカカオマスに含まれているポリフェノールの一種、カカオマスポリフェノールだそうです。動脈硬化や癌を引き起こすとされる有害な活性酸素の働きを抑え、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐ抗酸化作用があります。そういった食品はいろいろありそうですが、他の食品に比べて、チョコレートはその含有量と吸収率が優れているそうです。

また、カカオ豆の油を原料とするカカオバターの主成分ステアリン酸は体内への吸収率が低く、低カロリーなので太りにくいのも魅力!

とは言え、食べすぎにはご注意ください!そして、ポリフェノールの効果を期待されるなら、含有率70%以上のハイカカオチョコが良さそうです。

この秋、美味しくて体にも嬉しいハイカカオチョコを順番にお試しください!

ギリシャの”オリーブの実”2種 久々の入荷!

ギリシャ産「EXバージンオリーブオイル」と一緒に並んでいます

品薄でなかなか入荷しなかった『オリーブの実』がようやく入荷しました。

オリーブの本場ギリシャ・ハルキディキ地方で栽培されたオリーブです。その中でも一番大きいサイズを手選別し、オリーブの食感を残し、優しい塩漬けにした瓶詰です。

ご存知の通り、オリーブは老化を防ぐビタミンEをたっぷり含み、抗酸化作用のあるオレイン酸も多く含まれているため、コレステロール値の減少に効果があるとされています。

効能はともかく!薄い塩味が何と言ってもいいです。お酒のお供だけでなく、ギリシャ流に御漬け物感覚で召し上がってください。もちろん、固めのカンパーニュにチーズと一緒なら抜群です。トマトやラタトュユなどの煮込み料理に入れていただくのもいいですね。オムレツやパスタの具としてもお使いください。常連さんからは「そのままが一番よ!」とお声が聞こえてきそうですが・・・。

ブラックオリーブについてはことらをどうぞ!

“ドイツソーセージ”の試食届きました!

11月に入荷する“おとり寄せ”、岩手の菊池牧場の試食が届きました。

牛のもも肉の角切りが入った野性味たっぷりのソーセージ

本日のメニューは『リントビアシンケン』牛のもも肉の角切りが入ったソーセージです。今日は一日あいにくの雨ですが・・・お出かけのお帰りなどにお立ち寄りください!

6種類のソーセージを日替わりで、ご試食いただく予定です。

グァテマラ アゾティア

アゾティア農園はグァテマラにある珈琲産地のなかでも、特に優れた豆を生産するエリア、アンティグアにあります。

アンティグアでは2000年に34の農園主が集まり、生産者協会が設立しました。協会では原産地統制呼称を守り、同エリアのコーヒーの価値を高める活動を行ってきました。そのひとつが、各農園の地理的情報、土壌、気候条件など生産者情報をデータベース化したことです。それらの活動はワインのような価値ある方向に向かう、現在のスペシャルティコーヒーの先駆けとなっています。

アンティグアエリアの豆は、かつてはドイツなどヨーロッパへ高級コーヒーのとして、輸出されていましたが、アメリカのスペシャルティコーヒー産業の台頭によって、消費地が米国にシフトし、日本へもその波が届くようになりました。

そんなエリアにあるアゾティア農園は、1883年にコーヒー農園としてスタートした歴史のある農園です。リンゴを思わせる甘い香り、それでいてバランスのとれた厚みのある飲み口。かすかな渋味も魅力です。お試しください。

 

青い竜宮城 生徒作品展

会期:11月11日(土)&12日(日)

とんぼ玉工房『青い竜宮城』は、練馬で教室を始められて、今年の11月で丸7年。8年目に入ります。

生徒さんは近隣の方が多いようですが、横浜方面からの方もいらっしゃるとか。アットホームな雰囲気の中で創作活動に取り組んでらっしゃいます。お教室の詳細は『青い竜宮城』のホームページをご覧いただくとして・・・

8年目を記念して生徒さんの作品展を“すぺーす”で開催されます。

小宇宙と称されているガラスの玉「とんぼ玉」をどうぞご覧ください。

樹上完熟『金柑ジャム』入荷!

鹿児島県南さつまの”清木場果樹園”は3代続く専業果樹園です。生果としての”完熟金柑”を出荷するのがメインですが、10数年前から6次化を目指し、収穫した完熟金柑をジャムやマーマレードに加工して出荷されています。

清木場さんに出会ったのは出荷を始められた頃だったでしょうか?「6次化産業」などと言う言葉がまだ浸透していない頃でした。とても寡黙な鹿児島の男性が、とっても薫り高い柑橘のジャムを試食させて下さったことを今でも覚えています。

どうぞ、皆さまもご試食下さい!この冬はオレンジラベルの『金柑ジャム』、グリーンラベルの『金柑マーマレード』に加えて、大人の苦味が魅力の『甘夏マーマレード』も届いています。

 

菊池牧場『ドイツ ソーセージ』

岩手で放牧酪農を営みながら食肉加工をしている菊池牧場。この夏に味わったソ-セージの風味が忘れられなくて、このソーセージはお客さまにもご案内しなくてはと寒くなるのを待っていました。(保存料など使っていないので賞味期限が短いです)

牧場の2代目当主は中学卒業後、単身ドイツで足かけ3年の修行を経て、“ゲゼル”(熟練工)の資格を取得して帰国。それから30年、牧場でコツコツとバイエルン・チロル仕込みの無添加ドイツソーセージをつくっています。

菊池牧場では食卓と農業の結びつきや、山の中での暮らし、牧場のありようを分かってくださる方たちとのお付き合いを大切にしたいと、“対面販売”を基本に経営されていますが、この度、当店の“おとり寄せ”の逸品としてご紹介させていただくことになりました。

菊池牧場ではウインナーや生ハムなど、様々な加工品もつくられていますが、今回は定番のソーセージ6種類をご案内します。

試食の品が27日(金)に牧場のご厚意で届くことになっています。ご興味のある方は是非お味見ください。各商品のご紹介は改めて。