beansact のすべての投稿

桜を愛でながら「さくら」をどうぞ!

先ほど、北海道の共働学舎新得農場から『チーズさくら』が届きました。

今年は開花宣言とともに入荷!どうぞ、桜を愛でながらチーズさくらをお召し上がりください。

農場自慢のその他のチーズも盛りだくさんに、冷蔵庫に入りきらないほどに届いています。

ただし、『チーズさくら』は残り数個!

今週末24日の日曜午後には農場からマネージャーの高橋氏が来店下さいます。チーズに合わせたカットの仕方、ワインとの飲み合わせなど教えてもらいながら、チーズのご試食をしていただけます。

東日本の”美味しい”いろいろ

福島・宮城・岩手の生産者さんからの品々、お陰様で好評です。スタートから一週間目にして品薄の品もチラホラ・・・。珈琲豆屋の店奥で年に一度開催する『東日本 美味楽市』。ご試食を兼ねて是非お立ち寄りください。

人気の品をいくつかご紹介!

福島からは・・・

燻製めひかりとサーモンのオリーブオイル漬け。そのままオードブルに、サラダやパスタの具材として、本格パエリャにも!
 

原木椎茸農家がつくる椎茸の煮物。唐辛子などでピリ辛仕立てにした佃煮と、関西風の優しい甘さの甘煮。ご飯のお供に、ちらし寿司の具材に!

石臼挽きそば粉を使い手打ちそばを打つように、手延べ・手切りで製造。奥只見では「えごま」を「じゅうねん」と呼んでいます。えごまを食べると十年長生きするから!ビールのおつまみにも最高!

宮城からは

産学・異業種連携の取り組み「石巻おでんプロジェクト」から生まれた「牛たんつくねおでん」 天然素材の薄味の出汁に、つくねなど6種の具材がたっぷり!つくねもいいですが、大根最高!

2012年の初めての美味楽市ではご存知ない方が半数以上だった「あぶら麩」 回を重ねる都度に人気急上昇!お味噌汁に煮物に、すき焼に、油麩丼に!「夢叶」はスライスです。

石巻で30年以上前からササニシキを無農薬栽培する田伝むしさん。「白米ぽん」と「玄米ぽん」はほんのり甘味がついています。そのままでも、ミルクをかけてシリアルふうにも!

岩手からは

岩手の田老漁港から、粘りのあるとろろ昆布を削る工程で生まれる昆布が「納豆昆布」そのまま出汁醤油や三杯酢をかけて召し上がれます。

陸前高田の「干し大根」は毎回すごい人気です。定番の「きりぼし」、歯ごたえのある「ふとぎり」、輪切りのままの「はなぎり」どれも大根の甘味タップリ!「はなぎり」をハリハリ漬けにする方も!

便利で美味しいと評判です。生みそタイプの即席みそ汁。「めかぶ汁」と「なめこ汁」どちらも凍豆腐やねぎも入って本格的な味噌汁です。

『東日本 美味楽市』vol.9 始まりました!

福島・宮城・岩手の小さな生産者さんの“美味しい”が、珈琲豆屋の店奥“すぺーす”に届きました。 『東日本 美味楽市』vol.9 本日から開催!

『東日本 美味楽市』は2012年の春からスタートしましたが、今回はこれまでにお付き合いのあった生産者さんの中から、特に人気の高かった品々と、「これは!」という新商品を取り揃えました。

例えば・・・

福島・いわきのオリーブプロジェクトから誕生した逸品!

福島・いわきの農家が作る「かき餅」

宮城・三陸沖で獲れたて金華サバをメインディッデュに!

岩手・下閉伊の老舗の煎餅屋さんがつくる南部せんべい

 

 

 

オレンジスライスジャム 予約開始!

毎年、アッという間に完売し、悔しい思いをされる方が続出の春の“おとり寄せ”の逸品です。

第一便の入荷は3月中旬、ご予約はお早めに!尚、メルマガ会員さまに限り、メールでのご予約も承ります。

初めてご覧になる方はこれはジャム?!とまず驚かれるかもしれませcnt1んが・・・正真正銘のジャムです。

まず国産オレンジの輪切りがそのまま綺麗に入っている姿にビックリ!そして、オレンジの酸味と国産はちみつとの絶妙なバランスに思わず笑みがこぼれます。眺めて良し、味わって良しのこの季節だけのジャムをどうぞ!

これまで、何人ものお客さまから某フランスの有名ブランドの品より美味しい!しかも、お手頃ね・・・との折り紙つきです。出逢いと別れの季節の贈り物にも喜ばれます。

東日本 美味楽市 Vol.9

2012年春から始まった『東日本 美味楽市』は今年で9回目を数えます。

平成最後の年を一区切りにし、これまでにご縁を頂いた生産者さんから自慢の“美味しい”品々を送っていただきす。

店奥“すぺーす”が東日本の品々で埋め尽くされ、壁面には2月の写真展で「福島の今」を展示くださったフォトジャーナリストつづきよしゆき氏が「久ノ浜の今」を展示くださいます。

そして、今年も中村南の“楽多舎”さんとの同時開催です。

また、ギャラリー古藤さんで開催される『江古田映画祭』の店頭催事にも3月12日(火)13日(水)14日(木)と3日間出展します!

皆さまのご来店お待ちいたしております!

 

“あかねっこ”のスープ2種 新登場

朝食やお弁当の時に、体に優しいスープはいかがですか?

乾燥野菜タップリの2種類の即席スープをつくっているのは、障がい者の人たちが自分らしく生きるために、“障がい者を納税者に”をポリシーに、日々様々な仕事に取り組む社会福祉法人あかねの会さんです。

『野菜たっぷりスープ』は練馬大根やキャベツ・ごぼう・ズッキーニなど10種の乾燥野菜が入った根こんぶ茶がベースのスープ。『きのこまろやかスープ』はしいたけ・エリンギ・きくらげなど5種の乾燥きのこ入りのガラスープがベースです。

初お目見えと言うことで、1個売りからお試しください。これからの季節、ハイキングやお花見のお供にもどうぞ!

クリスタル岩塩専用ミル 

豆屋の静かなヒット商品「クリスタル岩塩」をご存知でしょうか?

10年以上前から途切れることなく、ご愛用いただいています。当初は夏になると、美味しいお塩を求めてくださる方が多かったですが、最近は一年を通して“甘味を感じる塩”として、根強いファンに支えられています。

お料理に欠かせないということで、クリスタル岩塩専用のミルを入れました。

ミルをお求めの先着5名様に岩塩の結晶「ロックソルト」をプレゼント!飾るも良し!砕いて食すも良し?!

 

イルガチェフェ~エチオピア~

09252240_5061b46122f67[1]珈琲豆の発祥の地とされるエチオピアからです。スペシャルティコーヒーとしてヨーロッパやアメリカでも珈琲通に珍重されている『イルガチェフェ』を2年ぶりにご案内します。

エチオピアに自生するコーヒーノキは一説には6000種以上とも言われています。その中から良質の品種が選択され、品種改良されながら各地~ハラー・ジンマ・シダモ・・・・~で栽培されてきました。今回ご案内の『イルガチェフェ』はシダモ地方にあるイルガチェフェエリアで栽培された豆です。

最近、「コーヒーの野生種6割 絶滅の危機」と言うショッキングな記事を目にしました。野生種だから関係ないでしょ・・・と思いきや、そうではないのです。野生種の7割はエチオピアなど限られたエリアにあります。その野生種は品種改良に不可欠。温暖化は珈琲愛飲家にとっても大問題。(一人一人ができることを考えないと・・・)

日本の作動にも通じる「コーヒーセレモニー」に使われる道具

『イルガチェフェ』のような紅茶にも似た個性的なフレーバーが楽しめなくなる日が来るかもしれません。イルガェフェ産の豆は生産量も大変限られていて、モカ全体の数%とも言われています。

そして、日本の茶道にも通ずるエチオピアのコーヒーセレモニーは、千年以上の歴史があります。その歴史を今世紀で終わらせたくないですね。

『チーズさくら』予約受付開始!

MG_5854[1]共働学舎 新得農場の春のチーズ『さくら』受付開始です。今年も限定30個!その他のチーズもご一緒にどうぞ!

入荷は3月22日(金)の予定です。

数々の世界的なコンテストで受賞を重ねた、共働学舎の代表的なチーズです。まるで和菓子を思わせるような佇まい。ほのかな酸味と甘み、塩味を感じるソフトタイプのチーズです。白カビではなく酵母を使って、熟成は2週間ほど。

今年は「桜」より一足早いご案内になりそうです。じっくり愛でた後、桜を見ながら“さくら”をお召し上がりください!