「スペース」カテゴリーアーカイブ

恋するカンガ展2020

今、大人気のアフリカの布。色鮮やかなカンガは日々の生活を楽しく元気に彩ります。ケニアで厳選した美しいカンガをはじめ、アフリカンプリントで作った服やバック、日傘などオリジナルアイテムをご紹介。

主催者の織本さんはカンガ研究家として活躍されています。“すぺーす”での展示会も早や19回目!開催当初は、この魔法の布をどうやって日本人の生活に活かせるのかなと、正直なところ個人的には不安でした。

でも、あっと言う間にお客さまに浸透!お風呂上りに巻いて、夏のお出かけに巻きスカートに、旅行には必須アイテム(風呂敷替わり・寒い時にはショールに)、テーブルクロスに、目隠しにパソコンにかけてます・・・などなど、思う存分活用いただいています。まさに魔法の布です。

何となく気持ちが晴れない日々。カンガの鮮やかな色と柄で元気を注入してください!

一歩、一歩の針仕事展vol.2

サクラモヒラは、バングラデシュの首都ダッカから110kmに位置するナラヤンプール村の小学校を始点 として、今年は 28 年目の活動になります。

運営資金のために始めた活動ですが、現在は主に、カディという手で紡ぎ、手で織る綿を中心に展開し ています。この綿はマハトマ・ガンディが、英国の殖民地支配に対し、「自国の風土に合った手織の綿を 国の産業として、独立しよう」と英国に反旗を翻す原点となりました。「自由の布」とも呼ばれています。 今では、バングラデシュでは手織りの綿は国の大きな産業となっています。

手仕事は、ナラヤンプール村のサクラモヒラに属する 10 人の女性たちがしています。 初めは、いかにも最貧途上国の質でしたが、現在、村の女性たちの二人が、埼玉女流工芸展で入選、 入賞を果たすまでに育っています。

製品は、バングラデシュの職人たちが作ります。気持ちのよい自然素材の服や雑貨、少し異国情緒も入 れて、デザインされています。今年の夏こそ、自然素材で乗り切りませんか。

お運び、お待ちしています。                      サクラモヒラ 代表 平間保枝

『想形文字でほっこり展』

伝えたい想いを形に・・・小畑玲子さんの作品展ただ今開催中です。
ほっこりしに来てください!

直筆の「道」にはOLYMPUS DIGITAL CAMERA
あなたが選んで歩き始めたその道に
たくさんの花が咲きますように。
と想いが添えられたポストカードも。

新作の小川町の和紙を重ねたアクエサリー
あなたの想いの文字を贈るのも素敵ですね。

出逢いと別れの季節は新しい門出の時。
そんな贈り物にもピッタリです。

 

12月のすぺーす

◆12月のイベント
xms01 xms03
クリスマスフェア Vol.14
11/30(日)~12/25(木)

今年も40近い個人・団体が参加くださいました。 ビーンズアクトの手づくりクリスマスフェア開催です。

手づくり大好きなお客さま、レンタルBOXのオーナーさん、 地域の福祉作業所の皆さん、そして、福島県いわき市や宮城県気仙沼、岩手県宮古からも沢山の手作り品が届きました。

クリスマスリースや手づくりのギフトをお探しの方には必見です。 クリスマス気分に浸りたいだけの方も・・・癒されますよ、きっと。

皆様のご来店、お待ちいたしております!

◆2015年1月のワークショップ
xms05
パッチワーク教室 1月8日(木)13:30~16:30 初心者歓迎! プレケアCafe⑪ 1月10日(土)13:30~15:00 参加費500円 革小物手作り教室 1月11日(日)13:00~16:00