タグ別アーカイブ: おすすめ

ケニア キイ

収穫して工場に搬入した完熟チェリーをさらに手選別している様子

ケニア山の南麓に広がるギチュグ地区にあるルンゲト農協からの珈琲豆です。

発酵・水洗後、アフリカンベッドで天日乾燥している様子

ケニアと言えばBEANS’Actでは紅茶が定番ですが、珈琲豆の産地としても有名です。エチオピのモカ同様、酸味が際立つという印象をお持ちの方が多いかもしれませんが、ベリーやカシスを思わせる濃厚な甘味と滑らかな舌触りは上質なケニアの持ち味。

この機会に是非お試しください。

ルンゲト農協は1953年創業と言う歴史ある農協です。3000名近い小規模生産者が加盟し、3つの水洗工場を所有しています。今回の銘柄名”キイ”は最大規模のキイ水洗工場から命名しました。

各農家で収穫された完熟チェリーは選別され、その日のうちに水洗工場に運ばれます。近隣の河川から供給される豊富な水源によって精選処理がなされます。

みなべ町の“完熟南高梅”

昨年入荷直後の完熟梅

梅雨は苦手ですが・・・この時期のお楽しみは、やはり“梅仕事”!

和歌山みなべの佐々木農園さんから、順調に育っているとの連絡もございました。ご注文受け付けを始めます。

ただし、確実な入荷日はまだ決まっていません。6月の週末に合わせて農園から連絡があります。“樹上完熟の梅”のため、入荷日にお受け取り可能な方のみとさせていただきます。ご予約は1Kg単位です。

初めての方には“梅仕事レシピ”もご用意しております。

『エシカル バッグ展』

デザインも素敵ですが、カラーバリエーションも豊富です

会期 : 6月14日(木)~27日(水)

お客さまからのご要望も多く、今年もカンボジアからの“エシカル バッグ”=“蚊帳バッグ”の展示販売会を開催します。

エシカルethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞だそうです。英語圏では環境や社会に配慮していることを表す形容詞として使われるようになりました。その流れが日本にも波及して「エシカル ファッション」や「エシカル消費」と言う言葉が広がっているようです。

昨年、大人気だったリュックタイプ

ここ数年、ご案内している『エシカル バッグ』はカンボジアでゴミとして扱われている蚊帳ネットや、ポリ袋などを現地在住のイタリア人デザイナーの発想力と、現地の小さな工房の丁寧な手仕事で、お洒落なバッグに生まれ変わり、エシカルファッションの先駆けになった商品?!です。

毎年、新しいデザインのバッグが登場します。去年のアレが欲しかった・・・と仰るお客さまも多いですが、一期一会の品です。お早目のご来店を!