※表示価格は全て本体価格(税抜表示)です

  • びわのたね甘露煮 140g(種85g・シロップ55g)

  • ¥1000

作っているのは長崎で江戸時代から食品卸を営む入来屋さん。

びわの木は地方によっては「医者いらず」と呼ばれ、昔から民間療法で様々に利用されてきたそうです。そんなびわのの「種」を老舗の職人さんたちが工夫を重ね、「びわの種」を甘露煮に仕上げています。

びわの種にはポリフェノールが豊富に含まれていて、体の酸化を防ぐ働き(抗酸化作用)があります。老化や体の不調の素とされる過酸化脂質は生きている(息をしている)限り防ぎようがないのですが、びわの種には元気の素が詰まっているということですね。

ポリフェノールについて、実は生産者さんから説明を受けたときは「???」でしたが、リピーターのお客さまが増えるなかで、その効果を感じています。お試しください!ただし1日2~3粒でお願いします。食べ過ぎて、目がさえて眠れなくなったというお客さまもいらっしゃいます。